マイヤは皆に認めてもらいたい。

ここで会うのも、何かの縁ですよね。

ランクマ最終日じゃー-!

こんばんは、マイヤです。

 

あっという間に六月も終わり、七月に突入しましたね!

マイヤは六月にこれといった思い出があったわけではありませんが、皆さんはどうでしたでしょうか?

 

いやぁしかし、とにかく暑かったですね…。猛暑日ラッシュ、夏本番化と言わんばかりのものでした。

最近毎回暑さに関してコメントしている気がしますが、どうかご容赦ください。お外でバイトしていると本当にそればかりが印象に残ってしまうもので…

 

 

さて!本題に入りましょう!

 

先ほど、六月は終わったと申し上げましたが、まだやり残したことがありますね?

 

そうです。

ポケモン剣盾】ランクバトル2022年2月(シリーズ12)のルール変更点 - ポケモンスイッチ攻略Press

 

ランクマッチですね、剣盾。

 

もう二年ほど対戦を続けておりますが、毎月毎月新しいポケモンが活躍したりして、今日までずーーっと趣味として楽しんでおります。

 

毎シーズン(毎月)一生懸命やっているのですが、なかなか結果が出ませんで。

月の終わりに最終的な順位が発表される時にはかなりへこんでいることが多い気がします(笑)。

 

ごめんなさい。戦い終わったら使ったパーティなど上げたいと思いますので、今回は「まだ戦ってるよ!」ということだけをお伝えして終わりたいと思います。

簡単ではありますがご了承ください。

 

ちなみにただいま1300位くらいです。現実的な今期の目標は500位切り!

 

それでは、また。

 

 

からかい上手の高木さんについて考えます。

こんばんは、マイヤです。

 

お久しぶりにはなりますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

どうやら今年は梅雨がなかったっぽいですね。

梅雨らしい雨の記憶はほとんどなく、振ったとしても夏のような夕立、短時間でどさっと降っていたイメージがあります。

 

個人的には雨は嫌いなので、梅雨明けに関してはありがたいと思っていますが、マイヤは屋外で活動するアルバイトをしておりますので、暑いのも困ります。

 

なんだか極端な夏/冬に対して気候が穏やかな時期がめちゃくちゃ短い気がします。

嫌だなぁ。

 

 

 

さぁ、話は変わりますが皆さん、「からかい上手の高木さん」はご存じでしょうか?

 

劇場版『からかい上手の高木さん』公式サイト

 

『「今日こそは必ず高木さんをからかって恥ずかしがらせてやる!」
とある中学校、隣の席になった女の子・高木さんに何かとからかわれる男の子・西片。
高木さんをからかい返そうと日々奮闘するが…?
そんな高木さんと西片の、全力“からかい”青春バトルがスタート!』

TVアニメ「からかい上手の高木さん」公式サイト あらすじより引用。)

 

最近よくある「尊い」系のアニメでして、からかう/からかわれるの関係だけのはずが、うっすら互いのことが気になってきたりして…?

みたいな、恋愛コメディの要素も含んでおります。

ちょっともどかしいけどそれがいい!あと高木さんかわいい!

ということで、大変人気の高いコンテンツであります。

 

ただいま映画もやっておりまして、来週あたり見にいこうと思っているのですが、

 

ですが…

 

ここで私は皆さんに伝えたいことがあるのです。

 

 

この手のアニメって、見るとなんだかやってられなくなりませんか?

 

 

…ここでいう「この手」というのは、例えば

「五等分の花嫁」とか

「可愛いだけじゃない式守さん」とか

「彼女、お借りします」とか

かぐや様は告らせたい」とか

古見さんは、コミュ障です」

みたいないわゆる、モダンなラブコメですね。

 

ずばりなんでやってられなくなるかって、もうお分かりだと思いますが、

 

こんなシチュエーション天地がひっくり返っても怒らねえんだわ!羨ましい!

 

ということなんですよね。

俺だってからかい上手だけど実は俺のこと気になってる女の子と席隣になって一緒に登下校したかった。

 

俺だってかわいくてスタイルがいい五つ子姉妹の家庭教師してそれぞれと恋に落ちるマルチエンドを迎える人生したかった。

 

って、真面目に考えちゃうんですよね。

 

いや、わかります。アニメと現実混同してんじゃねーよ?というのは重々承知しております。でもね、なんだか分かっていても、華やかなアニメの設定と自分の置かれた人生との圧倒的な差に空しくなっちゃうんですよ。

 

分かる人いませんか?いや、これらの作品が嫌いとかでは全くなくてむしろ大好きなのです。

ただ、心の余裕があるときに見ないと「やってらんねぇぜ!」ってなっちゃうってお話ですね。

 

とっても中途半端な内容ですが問を投げかけたところで今日は終わりたいと思います。

 

あ、もちろん上に挙げた作品はとっても素晴らしいので是非見てみてくださいね。

私も最初に言いましたが、来週ちゃんと高木さんを見てきます!

 

それでは、また。

 

 

イナズマイレブン世代

こんばんは、マイヤです。

前回のブログ、ひどいですね。

 

「暑いっすね、僕はざるうどんが好きです」

…以上。みたいな。

 

いいんだ、どうせ誰も見てないし。

もうちょっと何とかしようという意思はありますが、時間と疲労の具合によってはあのレベルのクオリティに落ち着いてしまうことをお許しください。ぴえん。

 

 

ということで本日なのですが、私がポケモンと同じくらい青春をささげたコンテンツであるイナズマイレブンについて語りたいと思います。

Amazon | イナズマイレブン DVD-BOX3 「世界への挑戦!!編」 | アニメ

 

大別すると、

円堂守時代(無印)

松風天馬時代(GO期)

③稲森明日人時代(アレオリ期)

 

となりますが、私が主に青春をささげたのは①なので(②もちょっとだけアニメは見てた)、今回は円堂編について語ろうと思います。

 

そもそも皆さん、イナズマイレブン、ご存じでしたか?

私ぐらい(21歳)の男子は皆通るものだと思っていましたが、さすがにそこまでではないか。

 

門中サッカー部のキャプテン円堂守(最前列中央のGKユニ着てる人)を主人公に、全国大会を戦ったり、宇宙人と試合したり、世界大会に挑んだりします。

超次元サッカーRPGと銘打っているだけあり、トンデモ戦法や必殺技なるものがたくさんあり、少年漫画にありがちな「サッカーをとはいいつつもバトル要素強め」みたいな作風になっております。

 

ストーリーやキャラクターも面白く作りこまれた作品なのですが、ボリュームを考えるととても一日で語りきれたものではないので、本日はしらない人に興味を持ってもらうべく、一番の醍醐味であるド派手な必殺技をいくつか紹介しようと思います。

 

 

※ここから先は「超次元サッカー」のお話です。良い子は絶対に真似しちゃいけませんし、ツッコんだら負けの世界だと思ってください。

 

IMG_4876

いきなりやべーですね。なんだ火炎放射て。リザードンかよ

息を思いっきり吸って炎を吐き、ボールを止める必殺技です。

 

そもそも必殺技のほとんどが人間業でないのですが、いや、火炎放射ってw

しかもこの火力、芝のグラウンドだったら一面焼け野原でしょう。体も並の耐熱性では一瞬で跡形もなく焼ききれてしまうともいます。

日々の鍛錬を欠かさず行ったことが伺えますね。(ここはツッコむところではありません)

いつか将来、人が火を噴く時代も来るのかと人間の底知れない可能性を感じさせる技でした。

 

超次元サッカーですからね、ええ。

 

 

 

続きましてこちら

田中 on Twitter: "@fortniteZ_SUPER かめはめ波っぽいガニメデプロトン……  https://t.co/aVR6yPNZaE" / Twitter

はい、こちらがシュート技のガニメデプロトン

うーん、どこからツッコんだらいいのでしょう。

ハンド!というか、かめはめ波じゃん!というか。

 

もはやボールが最初から空中に浮かび上がっていることなどには違和感を感じなくなってしまいそうですね。サッカーしろよ。

 

ちなみにゲームの説明文には、

『これはハンドではない。シュートだ!』

とあり、指摘されるところまでは予想がついていた模様です。

 

うん、でもこれも超次元サッカーですから。

 

 

最後はこちら。

空野青空 / あおにゃん no Twitter: "こちらがゴールずらしです!⚽️ #沈黙の金曜日 https://t.co/nBG6ViKi1c"  / Twitter

 

10回記念!! - nyoiti's blog

 

はい、理論上最強の技ともいわれているゴールずらし。

 

こんなことしていいわけないだろ、と思った皆さん。残念ながらこちら超次元サッカーとなっておりますので、ご了承いただきたい。

 

そもそも中学生が使う一般用のサッカーゴールの重量は、軽い素材だとしても100キロ以上、最も一般的な鉄製のものだと300キロくらいあったと思います。これを腹でのタックル一撃で軽々吹っ飛ばすわけですから、いかに超次元しているかがわかりますね。

もちろん吹き飛ばせる力があったとて、こんなことをしたら試合どころではなくなりますから、サッカー少年達は真似をしないように。

 

ちなみに理論上最強と申しましたが、ゲームでつかうとそこそこ弱い部類に入ります。ゴールが吹っ飛ばずに失点、というアニメーションになるのですが、テクニック次第では最強技になれるかもしれないという事でしょう。(違う)

 

うんうん、超次元サッカーだもんね。いいんです。

 

 

 

 

 

 

いかがだったでしょうか?

なんだか面白そうだなと思った方はぜひ、今からでもアニメやゲームを楽しんでみてください。もうコンテンツとしては実質的に稼働停止してしまっていますが、成人男性が見たって面白いものに変わりはないと思います。

 

見たよ!やったよ!って人はぜひ語りましょう!

 

それでは、また。

あっちぃなぁ

こんばんは、マイヤです。

 

暑いですね。もうほんと、何回言ったって変わらない事実ではありますが、それでも口を突いて出てしまうものです。

 

うちではまだ冷房を解禁していないのですが、もう誘惑に負けるのも時間の問題でしょう。ただいま半袖半ズボンで執筆中のマイヤですが、汗が止まんねぇでございます。

 

 

 

 

さて、暑いと言えばですが、皆さんは暑いとき何を食べたくなりますか?

アイスクリームとか、かき氷とか、たくさん意見があると思いますが…

 

マイヤがめっちゃ推している食べ物がございまして。

冷しざるうどんのレシピ・作り方 | おうちレシピ | ミツカングループ

 

こちら、ざるうどんでございます。

うまそう、写真を探してるときにもうお腹すいてきちゃうくらい。

 

実は小さいころからアイスやかき氷をそこまで好んでいなかったため、冷たいものというとこういう料理系が真っ先に浮かびますね。

 

是非食べに行きたい。丸亀とかはなまるうどんとか、今度見つけたら突っちゃおうと思います。

 

ネタが弱すぎて書くことがなくなりました。

ちょっと暑くて限界なので今日はこれだけでごめんなさい。

あまりにも内容がひどいですが…m(__)m

 

まずいですね、この調子だとあと一週間と持たずに終わっちゃいそうな気がします。

どうか皆さんモチベーションを分けてください…

見てくれると泣いて喜びますからね。

 

それでは、また。

 

 

ぬおー、ゆきはみ、ぬおだす?

こんばんは、マイヤです。

またまた日をあけてしまってすみません。

 

先日も書きましたが、ちょっとリアルが忙しくてなかなか時間が割けない日が続きそうです。

 

隔日ないし2日空きぐらいはデフォだと思っていただけると幸いです。内容も少し簡素なものが増えるかもしれません。モチベがないとかめんどくさいとか思っているわけではありませんので、気長に待っていただけるとありがたいです。誰も待ってないとか言っちゃだめよ。

 

ということで今回は、疲れたマイヤを癒してくれる存在について語ります。

 

それがずばり…

こちらのヌオーちゃんとユキハミちゃんです。そこそこ大きいサイズのぬいぐるみ。

 

もうかわいくって仕方がない。もう二、三匹追加で買っちゃおうかと思うくらい。

 

何というかこの、まん丸でつぶらな瞳がかわいらしいんですよね、どっちかって言うとニンフィアとかエモンガみたいなかわいさよりも、ヌオハミやメタモンとかの無表情系キュートのほうが個人的にはグッときます。…わかってくれる人いるかな?

 

 

最近、Twitterにて見つけたのですが、「ヌオダス」という、ヌオーとウマ娘の「ダイワスカーレット」とのカップリングがあるんだそうで。(詳しくは下リンク参照)

dic.nicovideo.jp

 

これのおかげでネット上にたくさんのヌオーの絵があげられたため、マイヤ的には素晴らしいネットミームでした。

私はウマ娘についてあまり詳しくなかったため、ダイワスカーレットについてももちろんよく知らなかったのですが、この子もとてもいいキャラというか、すごくヌオーと会うキャラをしているんですよね。

 

ちょっと気が強そうで、いわゆるツンデレ気質も備えている彼女と、無気力であまりものを考えてなさそうなヌオーのカップリングは見ていて面白く、絵師さんたちのセンスも相まって力作がたくさん世に放たれています。

とても単語の一人歩きから偶然に発生したものとは思えませんねw

 

是非Twitterなどやっている方は「#ヌオダス」検索してみてください。

 

本日は短めですがこの辺で終わります。

暑い日が続きますが頑張りましょう!

 

それでは、また。

サッカー語ろうぜ!(FW編)

こんばんは、マイヤです。

昨日もブログ投稿ができず申し訳ありませんでした。

言い訳をするようで大変恐縮なのですが、マイヤただいま私生活が大変忙しくなっておりまして、毎日のブログ更新が少し難しくなっております。書き始める段階でこの程度忙しくなることはわかっておりましたので、言い訳にせず投稿していきたいところではありますが、もしかすると1~2日、ないしそれ以上音信がない場合があるかもしれません。

 

…どうかお手柔らかに見てください。自堕落な人間をやめようと努める意思はあるのです。

 

はい、言い訳はさておき、本日もマイヤが選ぶ日本代表スタメン発表会です。

本日はいよいよラスト、FW編と参りたいと思います。

是非最後まで一緒に駆け抜けてくだせぇ。

20220611_Japan5

今回もポジションをさらに細分して各カテゴリごとに考えていきます。

 

左ワイド

南野拓実

〇三笘薫

 

今のところこの二人以外にパッとした選手が思い浮かばなかったのでここは二人のみノミネート。強いて挙げるなら旗手怜央とかになるのでしょうかね…?

ワイドポジションにこだわらず、流動的に顔を出してチャンスを創出する南野と、ドリブルを武器に相手の致命的なエリアへ次々切り込んでゆくウィンガータイプの三笘、どちらも日本代表の攻撃の核と言って差し支えないでしょう。

 

個々に触れていくと、まずは南野。名門リバプールでプレーし、アジア最終予選7試合連続ゴールの記録を樹立した南野は日本人選手の中でもトップクラスの知名度を持つと言って差し支えないでしょう。

…と思っていましたが、ここ数試合の出来を見ると、それに見合った活躍ができているかと言われれば疑問符。なんだか試合を重ねるごとに右肩下がりともとれるような気もします。

 

何というか、「上手いんだけど、怖さはない」という選手になってしまっている気がします。4‐3‐3への適合に苦しんでいるのか、それとも単に調子が上がらないのかはわかりませんが、もっと相手に危険をもたらすようなプレーを多く見たいなと個人的には思います。

 

続いて三笘。こちらは南野とは対照的に、ここ数カ月の間にメキメキ評価を上げた選手と言えますね。お得意のスラロームドリブルは、さほど守備技術のない相手であれば簡単に置き去りにしてしまう必殺テクニック。先の代表選での歓声を聞くに、今最も日本国民に期待されている選手の一人といっても過言ではないでしょう。

 

ですが今回は南野をスタメンで起用します。

…なんだか森保監督が批判されているときのような消極的采配と言われてしまいそうですね。

 

ですがこれにはちゃんと理由がありまして。

思い出してください。三笘がW杯予選で日本の救世主になったオーストラリア戦、彼は84分からの途中出場で2得点したのですよ。

 

とても個人的な意見にはなりますが、彼の怖さを活かすなら、相手選手が疲れてくる後半に切り札として途中出場させるのが最適なのではないかと思います。前半から何度もマッチアップしていると相手が三笘の動きにアジャストし始めるかもしれませんしね。

 

ということで、今回は偉そうに奮起を促す狙いも込めて、南野をスタメンとしましょう。

 

さぁ、続きまして右ワイド

◎伊東純也

〇堂安律

久保建英

 

アジア最終予選中、日本のエースとして活躍した伊東純也が本命ですが、ここ4試合のパフォーマンスがまずまずよかった堂安も引けを取らない能力を持っています。

利き足の違いがありますから一様に評価はできかねますが、伊東の縦への仕掛けはより個性が出ていると感じたので今回は伊東を選びました。これもまた交代策として違ったタイプの選手を置けるといいですから、堂安も是非帯同してほしいです。

 

最後、センターフォワード

浅野拓磨

〇古橋享梧

大迫勇也

〇上田綺世

〇前田大然

 

良くも悪くも…いや、どちらかというと悪い意味で選考に悩むのがこのポジションだと思います。攻めの核を担う超重要ポジションでありながら、日本代表の長年の泣き所でもあるセンターフォワード

 

大別すると、

①浅野・前田はスピードで勝負するラインブレーカー。

②大迫は前線でボールを収めるターゲットプレイヤー。

③古橋は一瞬のポジショニングで勝負するワンタッチゴーラー

という印象です。上田は②と③のハイブリッドみたいな感じでしょうかね、ここももちろん諸説ありだと思われます。

ということで、同じ枠組みの選手がライバルだと思うのですが…

 

うーん、今のところ本当に横一線というか、実に決め手に欠けるという感じですね。

日本代表が目指すサッカーがどんなものなのかにもよりますが、例えばイングランドのケインや、ブラジルのネイマールのような「絶対的エース」が日本には長らくいませんよねー…。W杯のような短期決戦の間だけでもいいから誰か覚醒してくれないかな?なんて希望的観測をこぼしてみたりしましょう。

 

はい、ということで完全に好みで決めます。上田綺世を選出。

他の選手とは何か違う、FWのセンスのようなものを感じるのですが、その才能が開花して結果をもたらしてくれることを期待します。

 

はい!ということで!今回で11人が決まりましたね。

 

GK 権田

RSB 冨安

CB 吉田、板倉

LSB 長友

DMF 遠藤

CMF 田中、鎌田

LWF 南野

RWF 伊東

CF 上田

バックアッパー 伊藤洋輝、柴崎、三笘、堂安、古橋

 

とても、スタンダードなメンバーになってしまった気がしてちょっと心配ですが、これもこれで一つのアイデアということで、まぁいいでしょう。

 

ということで、最後までお付き合いいただきありがとうございました。

明日からも何かしらつぶやいていこうと思いますので、是非是非読んでいってくださいな!

 

 

それでは、また。

 

サッカー語ろうぜ!(MF編)

こんばんは、マイヤです。

 

昨日は少しいろいろと立て込んでおりまして、投稿することができずに申し訳ありませんでした。

何というか、別に楽しみにしてるような人がいないことはわかってるんですが、やると決めたことをやらなかった以上「申し訳なかった」ということで、ご理解いただけますと幸いです。

 

ということで、早速ですが今回は日本代表マイヤが選ぶスタメン発表、MF編になります。自分が思うメンバーと比べながら見てくれたりなんかすると面白いかなぁ、と思います。

史上最強のMF陣!? サッカー日本代表、快進撃の原動力。アジアでは敵なしの凄さとは?【W杯アジア最終予選】 | フットボールチャンネル

 

アンカー(ボランチ

遠藤航

△田中碧

△守田英正

 

最近数試合で日本代表が用いているワンボランチを置く4‐3‐3システムなら、ここは遠藤一択でしょう。

ここに求められるタスクは二つあると思っていて、①ビルドアップ時の配給の起点となること、②バイタルエリアで相手を潰し、ボールを奪いに行くこと。がとても大事です。

 

特に②を高い水準で満たせるのが今のところ遠藤のみであると考えます。次いで守田や田中碧、コンバートして板倉や谷口となるのでしょうが、まず遠藤は1stチョイスに置くことに異論がある方はいないのではないでしょうか。①の点で考えるなら柴崎あたりも候補に挙がってきますが、強豪との連戦を考えるとやはり守備に安定感を与えることを評価してやはり遠藤を置きます。

安定感第一ですね、マイヤ。

 

続きまして

インサイドハーフ

〇田中碧

〇鎌田大地

柴崎岳

原口元気

久保建英

 

…難しいですね。ここは◎といえる選手が存在しないといってもいいのではないでしょうか。

それぞれタイプの違う5人を並べてみましたが、いずれのメンバーも決め手に欠けるかなという印象です。一言ずつ彼らについての思うところを述べていきますと…。

 

田中碧:攻守の能力のバランスの良さ。アンカー経験もあり守備もそこそこできながら、前線に飛び出し決定的な仕事をする能力も兼ね備える。

 

鎌田大地:セカンドストライカーなど攻撃的なポジションもこなすことができる攻撃センスの高さ。4‐2‐3‐1のトップ下が主戦場だったために4‐3‐3への適応はこれから求められる。

 

柴崎岳:キック能力の高さ。配給はもちろんのことパンチのあるミドルシュートも打て、今の日本代表にいないタイプかと思う。いわゆる「10番タイプ」であり、ハードワークや守備に関しては少し不安があるので、いい相方を見つけたい。

 

原口元気:ハードワークが売り。攻守に奔走できるタイプで、日本代表でのキャップ数も多いことからその経験と併せて評価できる。ボールの扱いに関しては正直他の選手に劣るところかと考える。

 

久保建英:ボールタッチの質や局面で打開するドリブル能力、決定的な仕事もできるポテンシャルの高さをも併せ持つ。しかしながら、それを大一番でコンスタントに発揮することに課題あり。期待の大きさゆえか、今一つ貢献が足りてないイメージ。

 

総合して踏まえると、今回は田中碧と鎌田大地のコンビネーションを選びたいと思います。ゴールに結びつく仕事をしてくれるかどうか、それでいて守備への貢献を欠かさず行えるか。という点について考えたときに、この二人が最も適していると考えました。鎌田はチュニジア戦でアピールに成功したとは言い難いですが、パラグアイ戦での活躍なども含めて総合するに、相手ゴール前に現れる能力はこの中でも一番なのではないかなとも思いました。

 

さぁ、残り3名となり、スタメンがもうすぐ埋まりそうですね。自己満足ではありますが、是非最後まで見てくださるとありがたいです。

 

それでは、また。